簿記 通信講座 比較&クチコミ大暴露サイト

簿記通信講座を比較&クチコミ、巷に出回る噂を集めました!簿記通信講座のホントのところ、合格を目指すにはどこの講座が良いのか・・・等々、簿記受験生必見の情報をまとめてみました。

*

こだわるべきは「ページ展開の見やすさ」

簿記通信講座を選ぶ際、その講座でどんな教材が提供されるかは皆さん注目されるポイントであると思いますが、一般的に“受験生に選ばれる教材=合格から遠ざける教材”といったミスマッチが生じていることはご存知でしょうか?
多くの受験生が選ぶ教材であれば、本来、合格を目指す上ではオススメの教材であるはず。しかしながら、なぜこのような事態になっているのでしょうか?

 その背景には、「受験当初の高いモチベーション」が大きく影響していると言わざるを得ません。簿記受験生が通信講座選びをする際、かなり意欲の高い状態で様々な教材を見ることになります。当然やる気満々ですから、「少しでも情報の多いものを」と文字ばかりの難しそうな教材を選ぶ傾向にあるんですね。ここが大きな間違いなのです。
学習の当初は皆さん、どんな細かな内容でも覚えられると信じて疑いません。しっかり覚えて確実に合格を目指す、その一心なのですが、学習を進めていくと“すべてを完璧に”の難しさがひしひしと感じられるようになります。「もっと分かりやすい教材が必要だ」と思っても、手元にあるのは文字ぎっしりの難しいテキストですから、学習は直ちに頓挫してしまうわけなんですね。一度低下したモチベーションは、そう簡単には戻ってきません。
これが、“受験生に選ばれる教材=合格から遠ざける教材”というミスマッチの背景なのです。

 こうした失敗事例を踏まえ、皆さんがあえて選ぶべきは「分かりやすいと思える教材」です。どんなに完璧な教材も、覚えられなければ何の意味もありません。ならば、100%覚えられそうな教材に目を向けるのが得策なのではないでしょうか?覚えられる教材なら、モチベーションは高いままですから、途中で挫折する心配もありません。具体的には「カラーで見やすい」「内容が合格ライン突破に必要なポイントのみに絞られている」「薄い」といった特徴が、合格を目指す上で選ぶべき教材の特徴です。

 “完璧な教材”よりも“長続きする教材”を。簿記通信講座選びは、「分かりやすさ」に注目すればまず間違いありません!