簿記 通信講座 比較&クチコミ大暴露サイト

簿記通信講座を比較&クチコミ、巷に出回る噂を集めました!簿記通信講座のホントのところ、合格を目指すにはどこの講座が良いのか・・・等々、簿記受験生必見の情報をまとめてみました。

*

社会人の資格学習は「通信講座」以外にあり得ない

これから簿記を受験される皆さんの中には、「そもそも通信講座って必要なのかな?」「せっかくお金を払ってスクールを利用するんだったら、頑張って通学講座にした方が良いのでは?」と思われている方もいらっしゃると思います。
確かに、簿記試験対策の方法は通信講座のみではなく、独学や通学講座といった選択肢だってあります。通信講座にイマイチ良いイメージをお持ちでない方であれば、「本屋で参考書を見つけて独学した方が安いしなぁ」とお考えかもしれませんね。

 しかしながら、これから簿記を受験される皆さんであれば、あえて「通信講座」を選ぶのが得策です。通信と独学は似て非なるもの、ココを忘れてはいけません。
通信講座と独学の大きな違いは、一言でいうならば「戦略に基づいた対策であるかどうか」にあります。独学の場合、試験日に向けて何を使って、どのようなペースで学習を進めていくか、すべて受験生個々に委ねられることになります。中には資格受験に慣れている方もいらっしゃるでしょうが、大半は受験素人による自己流対策に終始するケースがほとんどなのではないでしょうか。これまで、様々な独学受験生の傾向を見てきて言えるのは、「ただやみくもに学習を積み重ねても、資格取得が実現する可能性というのは極めて低い」ということ。つまり、「戦略のない試験対策では勝ち目はない」と言わざるを得ないのです。
一方、通信講座なら、受験の専門家によるカリキュラムや教材で、自信を持って学ぶことが出来ます。必要なものはすべて提供されるので、受験生の皆さんはそれにしたがって学習していくだけ。合格へと続く道をスムーズに歩んでいくことが可能です。独学のように手探りの学習ではないので、とても心強いですし効率が良いですよね。
通信講座と独学の実態がここまで明らかになれば、あえて独学を選ぼうという方はまずいらっしゃらないのではないかと思います。

 ちなみに、社会人が簿記試験に挑戦する場合、「通学講座」を選ぶのはオススメ出来ません。なぜかと言えば、通学講座ではその名の通り「通う必要」が生じるからです。日々忙しく過ごされる方にとって、時間的な拘束は何よりも大きな負担と感じられることでしょう。こうした負担感は、徐々に大きく膨らみ、やがて受験へのモチベーションそのものへ影響を及ぼすようになります。実際、通学講座を選んで試験日までに挫折する社会人受験生は、非常に多くいらっしゃるのです。

 様々な条件を考慮すればするほど、通信講座ならではの良さが際立ってくるもの。簿記試験に向けて他の学習手段を選ぶ理由、もはや見つかりません。